株式会社金ヶ崎福祉フロンティア

株式会社金ケ崎福祉フロンティア行動計画

 職員が仕事と子育てを両立させることができ、職員全員が働きやすい環境を作ることによって、全ての職員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。
1. 計画期間
令和元年9月1日から令和3年8月31日までの3年間
2. 内容
  • 目標1:
    出産や育児に関する社内規則、社会保険および雇用保険などの制度の周知や情報提供を行う。
    〈対策〉
    ●令和元年9月~
    (1) 社内報に諸制度の概要を特集し全職員に配布する。
    (2) 役職者への研修を実施する。
    (3) 部署別の職員ミーティングにおいて研修を実施する。

  • 目標2:
    育児休業後に職員が復帰しやすくするため、休業中の職員に資料送付等による情報提供を行う。
    〈対策〉
    ●令和元年9月~
    (1) 社内報を毎月送付する。
    (2) その他、必要と思われる資料を随時送付する。

  • 目標3:
    個別の育休復帰支援プランを作成し、対象職員の円滑な育児休業の取得と職場復帰を支援する。
    〈対策〉
    ●令和元年9月~
    (1) 育児休業の取得、職場復帰について「育休復帰支援プラン」
    を作成し、これに基づく措置を対象職員に対して実施する。
    (2) 前項について全職員に周知する。

    ●令和元年9月~
    育児休業の取得、職場復帰について「育休復帰支援プラン」
    により支援する措置を実施する旨を就業規則で明文化する。

  • 目標4:
    業務体制を定期的に見直すことで、育児休業を取得しやすい環境をつくる。
    〈対策〉
    ●毎年3月
    (1) 定期的な業務分担の実施により、業務の属人化を防ぐ。
    (2) 業務の棚卸しの実施により能率を高める。

    ●令和元年10月~
    定期的な業務分担の実施および社内制度を活用した資格取
    得支援等により、職員全体の事務業務遂行能力を向上させる。

  • 目標5:
    育児等を支援することを目的とした社内委員会を立ち上げ、仕事と育児を両立
    しやすい環境をつくる。
    〈対策〉
    ●令和元年11月~
    (1) 社内委員会を年に複数回開催し、環境改善等のための調査、
    意見の吸い上げ、諸課題の検討などを実施し、会社に対して改
    善提案を行う。会社は改善提案を検討し、必要に応じて改善す
    る。
    (2) 当委員会は職員の相談窓口の1つとして活用する。

ページトップへ▲